<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

シロモンクロシジミの産卵 (2015年7月31日)

シロモンクロシジミ(Spalgis epius)の産卵。
白いカイガラムシとアシナガキアリがいる植物を至近距離で飛ぶ。
これは産卵!連写連写です。
時々近くにとまって開翅して、
同じ植物に複数個の卵を一個ずつ産んでいました。
産卵は一瞬で、すぐに飛び立ちます。
カオヤイ国立公園のこの道路沿いは時々草刈りが行われて、
一カ所にそれほどカイガラムシがまとまっていないように思います。
道路際の草は伸びてくると刈られてしまって、カイガラムシがそれほど増えないのかな?
それでも複数の卵で餌を分けるから、大きめの蛹と小さめの蛹が見えます。
沢山撮りました。

e0272773_159554.jpg

11-Jul-2015 Khao Yai National Park Thailand

More
by khaoyai_m2 | 2015-07-31 19:00 |

シロモンクロシジミの幼虫 (2015年7月30日)

シロモンクロシジミ(Spalgis epius)の幼虫。
最初と2枚目の写真は終齢幼虫で、蛹化場所を探しています。
3枚目から6枚までは別の個体ですでに前蛹です。
6枚目の左の白いのは、最初の写真の子(終齢幼虫)。
最後の2枚は、齢はわかりませんが幼虫だと思います。
アリはアシナガキアリかそれの仲間だと思います。

e0272773_14385056.jpg

4-Jul-2015 Khao Yai National Park Thailand

More
by khaoyai_m2 | 2015-07-30 19:00 |

人面蛹 (2015年7月29日)

シロモンクロシジミ(Spalgis epius)の蛹です。
蛹との出逢いもあっけなく、
カオヤイ国立公園の道路沿いを虫を探しながらゆっくり歩いていて見つけました。
この日は同じ場所で8個の蛹に遭遇。
2枚目の写真の蛹の左の白いのと右下の白いのも人面蛹です。
不思議なお顔ですね。
鳥の糞に擬態しているんでしょうね。

e0272773_13432016.jpg

27-Jun-2015 Khao Yai National Park Thailand

More
by khaoyai_m2 | 2015-07-29 19:00 |

シロモンクロシジミ (2015年7月28日)

シロモンクロシジミ(Spalgis epius)です。
人面蛹で有名なアシナガシジミの仲間。
幼虫が肉食で、カイガラムシの仲間を食べるんですね。
ですが、親も子(蛹)も見たことがありませんでした。
カオヤイ国立公園で「タイ・ネイチャリング」のピーミィさんが撮影されていたので、
その内に逢えるだろうと思っていました。
最初の出逢いは、
小さなシジミが木の上に止まった位で何気に写真を撮って拡大してみると、、、
それが、たぶん飛び古した♀。
次の出逢いは、新鮮な♂。
その後の開翅の写真は産卵の時の休憩時。
♀の翅裏は、すぐに開いてしまって撮れず。
雄の開翅も撮れていません。

e0272773_13141859.jpg

23-May-2015 Khao Yai National Park Thailand

More
by khaoyai_m2 | 2015-07-28 19:00 |

ツマジロワモンチョウ at Chantaburi (2015年7月24日)

ツマジロワモンチョウのタイ東南部亜種(Stichophthalma louisa siamensis)。
タイ人のSさんが案内してくれましたが、
尾てい骨が、、、集中力を完全に失っていました。
開翅なんてとても気が回らず、、、

野生の落ちた果実にきていました。

e0272773_202595.jpg

16-May-2015 Chantaburi Pref. Thailand
by khaoyai_m2 | 2015-07-24 19:00 |

ハイイロワモンチョウ (2015年7月23日)

ハイイロワモンチョウ(Stichophthalma cambodia)。
KanchanaburiからChantaburiです。
タイ西部から南東部の県。
ここに隣国の名前の付いたワモンチョウが、
チェンマイのIさんを通して知り合ったタイ人の蝶好きSさん。
ここはSさんの庭のようなところ。
僕が行く前の週にバンコクの蝶仲間の、
タイ・ネイチャリングのピーミィさんとYaさんはすでに素敵なカットを撮られていたんですが、
この週も泊まりで合流してくれました。
そして、チェンマイからIさんと、タイ人のSさんとその仲間、なんと7人での蝶見になりました。
初めて見るワモンチョウに興奮して、
河原の苔むした石で滑って尾てい骨をいやと言うほど打って、
首からぶら下げていたカメラを石にたたきつけ、
カメラに付いていたストロボの首が折れて、、、、

e0272773_19532566.jpg

16-May-2015 Chantaburi Pref. Thailand

More
by khaoyai_m2 | 2015-07-23 19:00 |

ツマジロワモンチョウ (2015年7月22日)

ツマジロワモンチョウの原名亜種(Stichophthalma louisa louisa)。
昨年訪れた北タイで見たこと全然印象が違いました。
北タイで見た子よりずーっと白い。
昨年の記事「ルイザワモンチョウ (2014年8月12日)」
昨日の記事のオオムラサキワモンチョウと分布が重なっていましたが、
オオムラサキワモンチョウの分布は極狭い範囲のようですが、
この子の分布はかなり広く、車道でも見かけました。
綺麗でしたね。

e0272773_1613888.jpg

Apr-2015 Kanchanaburi Thailand

More
by khaoyai_m2 | 2015-07-22 19:00 |

オオムラサキワモンチョウ (2015年7月21日)

長い事更新をサボってしまいました。
今日は4月のソンクランに、
タイ・ネイチャリングのピーミィさんとバンコク在住のYaさんと行ったKanchanaburi県のとある場所で見た、
オオムラサキワモンチョウ(Stichophthalma godfreyi)。
そこには何とツマジロワモンチョウ(Stichophthalma louisa louisa)が一緒にいました。
天国のようなワモンの里、あちこちで大きなワモンがふわふわと舞っていました。
最初の写真、S.godfreyiが4頭でS.louisaが一頭。

e0272773_15402187.jpg

Apr-2015 Kanchanaburi Pref. Thailand

More
by khaoyai_m2 | 2015-07-21 19:00 |

タイワンミスジの産卵 (2015年7月4日)

タイワンミスジ(Neptis nata adipala)の産卵です。
最初の写真の腹部の先端に卵が写っています。
写真がボケボケですね。
4枚目以降はこの子が産んだ卵です。
が、問題が、、、
最初の3枚は13時23分頃
卵の写真は13時29分以降に撮っています。
よく見ると植物が違います。
卵の写真(4枚目以降)は、クズのような葉ですが、
最初の3枚の葉は全然違いますね。
何と気がついたのは昨日(7月3日)
こんな事って有るんでしょうか?
最初の産卵の写真の卵は遠すぎて近寄れません。
卵の写真が時間では後ですが、この時の産卵風景はカメラを構えている間に終わってしまいました。
うーん!

e0272773_19455255.jpg

23-May-2015 Khao Yai National Park Thailand

More
by khaoyai_m2 | 2015-07-04 19:00 |

レピデアヒメイナズマの産卵 (2015年7月2日)

レピデアヒメイナズマ(Cynitia lepidea sthavara)。
運良く目の前に飛んできて産卵です。
上手い具合に、腹部の先端に産まれたばかりに卵が見えます。
食樹はノボタンの仲間ですね。
イナズマの仲間の特徴の有る幼虫はいませんでした。
先日もカオヤイ国立公園で産卵していましたが、
道からかなり奥で近寄れませんでした。
見たいな幼虫!

e0272773_17375613.jpg

29-Mar-2015 Central(north) Thailand

More
by khaoyai_m2 | 2015-07-02 19:00 |